Navigation | Seiteninhalt | Zusätzliche Informationen

Seiteninhalt

Presse-Information

September 24, 2019

InnoTrans 2020: モビリティの課題への協働

年9月22日の第13回Inno Transの開幕まであと1年となりました。既にすべてのテーマエリアの出展者が決まっています。 出展の希望が継続的に高い理由の一つは、現在、モビリティが変化のプロセスにあるからです。

気候に優しい輸送ソリューションは、2020年のInnoTransの主要テーマの一つです。 バスや電車を利用すると、自家用車を使う場合と比べてCO2排出量が3分の2で済みます。ドイツのドライバーのほんの1%が車を使わずに公共交通機関を利用するだけで、年間100万トンのCO2が削減できるのです。交通技術を牽引する見本市であるInnoTransは、この重要なテーマに取り組み、開会式では「気候変動時代におけるモビリティの未来」というタイトルの下、出展者、来場者、団体、政治家の方々に未来志向の交流の場を提供します。特にInnoTrans 2020で新製品を発表する様々な国の新規出展者はこの交流の場を有効活用しています。

Daimler AGのヨーロッパ最大の子会社であるEvobus社、電気自動車の中国のマーケットリーダーであるBYDが初めてInnoTransに出展し、国際舞台でEバスを紹介します。そのほか、VDL Bus & Coach社、 Ebusco社、 E-Bus Cluster社、 Ferrovie dello Stato社、 K-Bus社 、Ziehl-Abegg社などがバスディスプレイでEバスを出展します。

「インターナショナルかつイノベーティブな出展者様のおかげでInnoTransは未来志向のプラットフォームとして機能し、モビリティの課題に共に取り組む場となっています。

特に、国際的需要の高まりと国際的に活躍している多数の新規出展者の登録は、InnoTransがモビリティ業界における情報交換の場を提供する付加価値を示しています」と、InnoTransのディレクターであるKerstin Schulzは言います。

InnoTrans 2020での新企画にMobility +があります。InnoTransは補完的なモビリティサービスの提供に重点を置いています。Mobility +は、公共交通セグメントにおける新テーマです。共有モビリティ、複合モビリティ、およびデジタルモビリティプラットフォームに関連しており、この新分野への関心は次第に高まっています。そしてViaVan社、cantamen社、MotionTag社、ZEITMEILEN社など、この分野の有名企業が出展します。

もう一つ、InnoTrans 2020の新しい事として、8月にオープンする展示ホールhub27があります。hub27は10,000m²とサッカー場1.5個分の広さがあり、柱のないヨーロッパ最大級のホールです。鉄道技術部門の展示が行われるこの新ホールによって、展示ホール1と展示ホール25をダイレクトに移動することができ、InnoTransに一体感を持たせます。

InnoTransに関する最新情報は、Twitterおよび LinkedInでご覧いただけます。

InnoTransについて

InnoTransは2年ごとにベルリンで開催される国際鉄道技術見本市です。 前回は149ヶ国から153,421名が、61ヶ国 3,062の出展者の世界の鉄道業界のイノベーションについて情報を集めに来場しました。本見本市は、Railway Technology(鉄道技術)、Railway Infrastructure(鉄道インフラ)、Public Transport(公共交通機関)、Interiors(内装)、Tunnel Construction(トンネル建設)の5つの部門に分かれています。InnoTransの主催者はMesse Berlinです。第 13回 InnoTransは2020年9月22日~25日までメッセ・ベルリンで開催されます。以下のURLをご参照ください。

www.innotrans.com.