Navigation | Seiteninhalt | Zusätzliche Informationen

Seiteninhalt

Presse-Information

February 05, 2020

InnoTransの国際輸送企業の出展数が増加

  • マルチモーダル輸送に焦点
  • 国際輸送企業が未来のモビリティを紹介

今年9月22日から25日にかけて開催するInnoTransでは、中国、ラトビア、日本、トルコ、イタリア、ハンガリー、ドバイ、ロシア、オーストリアの国際的な輸送会社23社が先進的でCO2排出量削減をコンセプトとした革新的なモビリティソリューションを発表します。今年は、デジタルインフラストラクチャの拡大により、ますます重要になっているインターモーダル輸送およびマルチモーダル輸送に重点をおいています。もう一つ、重要な点として都市部の公共交通機関にとって特に重要な安全性があります。日本からの出展社である東京地下鉄株式会社経営企画本部国際業務部の小浜優子氏は「当社は東京の中心部で9路線走らせています。1日に758万人の乗客を運ぶ公共交通機関の運営者として、更なる安全性の向上に取り組むと共にお客様の視点に立った安全性の改善に取り組むことが重要であると考えています。」と述べました。

国際化の流れ

CityCubeで行われる見本市にサウジアラビア鉄道公社 (SAR)が初出展します。2006年に設立された同社はサウジアラビア国内の鉄道インフラを段階的に拡大することを目標に掲げています。「当社は国内外での経験を活かして王国内の様々な地域を結ぶ効果的で安全な鉄道インフラを確立し、運営したいと考えています。InnoTransではより安全で持続可能な鉄道インフラに関するビジョンを共有できる企業に出会うことができるのではと、今回、InnoTrans2020に参加できることを楽しみにしております。」サウジアラビア鉄道公社 コミュニケーション&マーケティング ディレクター Ammar Al Nahdi氏は述べています。

複合輸送サービスが成長

InnoTrans 2020 では多くの企業がコネクテッドモビリティに重点を置いています。

「未来のモビリティはプラットフォームのモビリティ、マルチモーダル輸送、ボーダレスなネットワーキングです。輸送会社は一つのソースから包括的なモビリティを乗客に提供するために、専門分野を超えて緊密に連携しています。公共交通機関において、これだけ大きな変化に携わることができるというのは、またとない機会です。次の段階が楽しみです。」ライン=マイン運輸連合(RMV)マネージングディレクターKnut Ringat氏は語ります。

ベルリン市交通局(BVG)もマルチモーダル輸送に関するコンセプトを出しています。同社は乗り合いタクシーサービス 「Berlkönig」やモビリティサービスアプリ「Jelbi」 など、インターモーダルソリューションを提供し、都市交通の効率的な利用を推進しています。「Jelbi」は昨年のモビリティ賞を受賞しています。

BVG デジタル化推進部長 Henry Wideraは「当社は環境にやさしく、シンプルなモビリティを目指しています。これは主にバスと路面電車が担っており、これをデジタルサービスが補完しています。「BerlKönig」はローカル・トランスポートネットワークを緊密に結び、モビリティプラットフォーム「Jelbi」は当社が90年間行ってきたことを実行しています。ベルリン市内の全てのモビリティの選択肢を単一のソースから提供しています。InnoTransでアイデアを共有し、また、あらたな発見ができることを楽しみにしています。」と述べました。

Mobility+ が示す未来のコネクテッドモビリティ

ホール7.1Cの新しいMobility+エリアでは、モビリティ業界の革新的なアイデアに触れることができます。 BVG に加えて、Uber Germany、 ioki など20を超える企業が将来を見据えたモビリティソリューションを提示しています。

ドイツ鉄道、Ferrovie dello Stato (イタリア国有鉄道)、中国国家鉄路集団などはCityCubeにも出展しています。CityCube ではRB Rail AS (ラトビア)による、将来的にワルシャワ、カナウス、リガ、タリンを結んで運行する予定の長期的鉄道インフラプロジェクト「Rail Baltica」を展示しています。

InnoTransに関する最新情報は、TwitterおよびInnoTransのLinkedInでもご覧いただけます。

InnoTransについて

InnoTransは2年ごとにベルリンで開催される国際鉄道技術見本市です。 前回は149ヶ国から153,421名が、61ヶ国 3,062の出展者の世界の鉄道業界のイノベーションについて情報を集めに来場しました。本見本市は、Railway Technology(鉄道技術)、Railway Infrastructure(鉄道インフラ)、Public Transport(公共交通機関)、Interiors(内装)、Tunnel Construction(トンネル建設)の5つの部門に分かれています。InnoTransの主催者はMesse Berlinです。第 13回 InnoTransは2020年9月22日~25日までメッセ・ベルリンで開催されます。以下のURLをご参照ください。

www.innotrans.com.